シリカ水とは

シリカ水比較おすすめランキング

シリカとは

シリカとは、二酸化ケイ素(SiO2)の事をいいます。
Siはケイ素(珪素)と言います。
ケイ素は単独で存在することはまれで、化学反応で酸素と結びついて二酸化ケイ素となり、それがシリカと呼ばれています。

鉱物や雑穀などに含まれていて、人の髪や皮膚などにも含まれるミネラルだとも言われています。

ケイ素は14番目の元素で英語名でSilicon(シリコン)と表記されています。
純粋なシリカは無色透明で、自然界には不純物を含む有色のものも存在して、長石類に次いで産出量が多い。
シリカは、二酸化ケイ素ならびに微粒二酸化ケイ素の状態で、日本における食品添加物として厚生労働省の使用が認められています。

シリカ水とは

シリカ水とはシリカが水に溶けた状態のものを指します。
健康や美容にいいと注目されています。

8年前に欧米からブームに火がついたようで、口当たりは良く、多くの美容・健康効果が期待出来るので人気の秘密になっています。

通常はシリカを多く含む食品(玄米、あわ、ほうれん草、バナナ、レーズン等)を十分摂取することで補えるが、ミネラルウォーターや健康食品・シリカ入りドリンクとしても市販されている。

酵素と同じで、成人した人間の体からどんどんケイ素は減っていき、40才以上になると半分以上が体内から失われることが分かっています。

採水地はニュージーランド・フィジーが有名ですが、日本国内でも採水地はあり、熊本の阿蘇や、宮崎県や鹿児島県の霧島連山、島根県の三瓶山・大分の日田など、自然が作り出した、ミネラルウォーターが、シリカ水となります。



おすすめのシリカ水


霧島天然水のむシリカ
テレビCM放映中!霧島連山の天然水『霧島天然水 のむシリカ』は、重要な希少ミネラル【シリカ・炭酸水素イオン・サルフェート・バナジウム】を豊富に含む、大自然が作り出した奇跡の水です。のむシリカの炭酸水素イオン170mgは、水中にイオン化されているためアルミパッケージの必要がなく『ペットボトル』でそのままお届けできるのです